西目屋村共同募金委員会

『赤い羽根共同募金運動』に
 ご協力ありがとうございました。
令和2年度の西目屋村の実績額は
      508,365円です!
例えば、西目屋村ではこのような事業に活用しています。
 この他にも、地域のための様々な事業に使用されています!
ブナッキー赤い羽根ピンバッジを数量限定で進呈します!
 白神山地マスコットキャラクターの「ブナッキー」と「赤い羽根」がコラボした「ブナッキー赤い羽根ピンバッジ」が完成しました!
 窓口で500円以上の募金をされた方に1個進呈します。数量限定ですのでお早めにどうぞ!
詳細はこちらへ
赤い羽根共同募金とは
 「赤い羽根募金」は、共同募金の愛称です。
 「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。1948年頃、アメリカでも、水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。それにヒントを得て、日本では不要になった鶏の羽根を使うようになりました。
 現在、「赤い羽根」は寄付したことを示す「共同募金」のシンボルとして使われています。

 ※青森県共同募金会より抜粋
西目屋村での活動
 青森県共同募金会により、翌年度の募金目標額が決まります。毎年10月~12月を全国一斉に募金運動期間に設定しています。
 西目屋村では、村内公共施設等に募金箱の設置をお願いする他、各家庭に1,000円の募金をお願いしております。